FC2ブログ
21
2016

憂鬱な気分になったときこそ「ずぼら」の意味を考えてるといいですよ

CATEGORY「ずぼら」
最近太り気味です。

結婚指輪が食い込んで抜けません(笑い)

理由は、家にいることがほとんどだから…。

していることと言えば、テレビをみるインターネットをする、片付けをするぐらいです。

体を動かさずに、食事を1日3回取っていると確実に体重は増えます。

出てきたお腹を見ながら、「どうしたもんかなぁ」と悩んでいます。


1カ月ほど仕事を休んでいるわたしの今後について

先日、以前話していた職場の人と会ってきました。

今後どうするかについての話をしました。

職場を休み始めてから約1カ月になります。

これまで、有給などを取って休んでいましたが、そうもいかなくなっています。

とりあえず病気休暇を取り、1か月後をめどにどうするか判断するようです。

できればその間に生活習慣等を整え、復帰できればという考えです。

あちら側の話はよく分かるのですが、今のわたしには1か月後の自分の精神的な状態が全くイメージできません。

今回あってこの話をすることで、職場のことなどを思い出してしまい心にざわついています。


「ずぼら」の意味を改めて考えるとみえてきた

またこれから1カ月間、いろいろ思い悩む日々が続くんでしょうか?

自分としては、これまでまじめに生きることのつらさから逃れるため、「ずぼらに生きる」ことを新たな目標にしました。

前にも話したように、「自分の生きたいように生きる」ことを意味します。

その時に、「ずぼら」の意味についても考えました。

「ずぼら」には、「いい加減にする」というというネガティブな意味があると言いました。

でも、「いい加減」という言葉には、「適当にする」という意味だけでなく「ほどよくする」という風に考えることもできます。

つまり、「ずぼらに生きる」には、「自分にとってほどよい生き方をする」ということなんです。


そう考えると、今自分が置かれている状況に対しても、ゆったりとした気持ちで受け入れることができます。

「ずぼら」を突き詰めていくことは奥が深いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment