FC2ブログ
24
2016

憂鬱な気分を晴らすために走ってみてわかったこと

CATEGORY楽な生き方
今日は朝から走ってきました。

生活習慣を改善するために走ったわけではないですよ!

そんなために走ると、義務になります。

わたしは自分のために走りたいのです。

嫌々するのは、ずぼら生活の趣旨に反すると思いませんか?


走ることで得られるメリットはあるの?

というのも、ランニングはこれまでもずっとしていたんです。

始めたきっかけが、職場でのストレスを発散するためだったのです。

走っていると、腹が立つことや嫌なことも忘れてしまいます。

また、考え事をしたい時にも走るのは都合がいいんです。


一人で走っていると、色々な考えが頭に浮かんできます。

家で机に向かって考えているよりも、どんどん考えが出てきます。

ただ困ることもあって、せっかく浮かんだ考えを忘れてしまうことがあるのです。

だから、ずっと独り言で思いついた考えをぶつぶつとつぶやきながら走ることになります。

そんなときに限って、良い考えがいくつも出てくるので、つぶやきも長くなるんです。


自分のために走ってみてわかったこと

ランニングのよい所はわかっていたので走りたかったのですが、周りの目が気になっていたのと、自分自身が外へ出るのがしんどかったのでやめていました。

でも、やっぱり自分のやりたいことをやる方が、精神的にもいいです。

ちょっと太ってきたので、ダイエットにもなりますしね。

今回走ってみてわかったのは、精神的にしんどい時に走るとネガティブなことを考えながら走ってしまいます。

調子が良かった時は、少し走ると嫌なことを忘れ、走ることに集中できたんですが…。

でも今回はダメでした。

いくら走っても次々と嫌なことを思い出します。

(こんな時に走るのはやっぱりダメか…)

と思いました。


走り続けることである変化が

でも、走り続けて段々と疲れてくると、状況が変わってきました。

しんどすぎて考えることができなくなり、走ることに集中でき、楽しくなってきます。

走り終わると心地よい疲労感と達成感で心が満たされます。

「これならいけるかも」

体を動かし肉体へ刺激を与えることは、精神的にはよいことが分かりました。

無理にならない程度に続けていければいいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment