FC2ブログ
01
2016

高校生でずぼら(?)デビューしてしまったわけ

CATEGORY失敗
今日も体調はいいです。

寝る時間を少しはやめて睡眠をしっかりとったからです。

体調が良いのはいいのですが、精神的には今一つです。

走っていても、将来のこと(仕事の復帰)を考えてしまい、しんどくなるんです。

それだけ仕事に戻りたくないんですね。

というよりも、これまでしてきた働き方が嫌なんでしょう。

仕事に復帰するまでには、もう少し時間がかかりそうです。


高校デビュー

前回は、お金に固執する原因が子ども時代に関係することをお話ししました。

わたしはお金が好きで、小・中学校時代は、お金をせっせと貯めていました。

でも、高校生になるとお金が好きがゆえに、おかしな方向へ進んでしまいます。

それまで、わたしは自分で言うのも何ですが、優等生でした。

まじめに勉強するし、児童会や生徒会に立候補して役員になるなど、模範的な生徒でした。

もちろん高校も進学校へ行きました。

ただ、その高校は地域の1番ではなく2番でした。(ちょっとした挫折です)

また公立高校なのに、私服で自由な校風の学校だったのです。

勉強よりもファッションや遊びを重視する人が多くいました。(いわゆる高校デビューです)

遊びもすごく、賭け事を当たり前のようにするんです。

・高校生で雀荘へ入り浸る

・馬券を買いに場外馬券場へ行く

・学校の帰りにパチンコへ行く

など

それまでまじめに生活してきたわたしには、かなりのカルチャーショックでした。

もちろん高校生がこれらの賭け事をすることはダメなのはわかっています。

でも、してはいけないことをすることの背徳感もありました。

こんな環境だったので、もちろん友だちからお誘いを頻繁に受けました。


初めてパチンコをしたら…

最初は断っていたのですが、あまりにもしつこく誘うのでパチンコ屋へついて行ってしまいました。

初めて行った時、友達がするのをみていました。

そう、ビッグシューターを打っていました。(名機、平和のハネものです)

するとほんの30分で、箱いっぱいに球を出したのです。

換金すると3000円程になりました。

(こんなに簡単にお金が増えるんか)

と興奮してしまい、わたしもやらずにはおれなくなり、キングスター(三共のハネもの)という台に座り、お金を投入。

結果は、

見事勝利。

2000円程勝ちました。

いわゆるビギナーズラックというものです。

そこから、わたしのパチンコライフが始まったのです。


高校生でパチンコをしてしまった結果

お金が大好きなわたしにとって、楽しく遊んでお金が増やせるパチンコにはまるのは必然でした。

でも、そう甘くはなかった。

わたしの持っているお金は学生なので限られています。

そう簡単に勝てる訳がありません。

勝ったり負けたりで、結局お金は無くなってしまいます。

この頃わたしは、お金を貯めるという習慣は忘れてしまい、なくなっていました。

パチンコする習慣は、社会人になるまで続くという恐ろしいことに。


ダメダメずぼら生活

こうしてわたしはお金が貯められない人になってしまったのです。

ある意味、ダメなずぼら人生の始まりです。

大学生になるとさらにダメなことをしてしまいます。

それは次回に。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment