FC2ブログ
04
2016

浪費生活を改めることになった転機はこれです

CATEGORYお金
最近はわたしのお金の歴史についてお話ししています。

こうして振り返ると、自分がどのように考え過ごしてきたかが改めてわかります。

お金との付き合い方が見えてきます。

今回は働き始めて、わたしがお金への向き合い方が変わったきっかけをお話しします。


共働きだったことに甘えていました

働くことで収入がありましたが、若い時は貯めるよりも楽しむことにお金をつかっていました。

結婚することでお金を貯める習慣はついてきましたが、浪費することは無くなりませんでした。

子どもができても、お金はつかいたい時につかっていました。

それができたのは、共働きで収入がそこそこあったからかもしれません。

つかってもお金は残り、貯金ができました。(だから大丈夫と過信していました)

20才から30才の前半までは、仕事を頑張ってそのごほうびにお金をつかう生活をしていました。


30才中頃でのできごと

でも、30才も中頃になると、生活にもいろいろな変化が出てきます。

それまでは賃貸アパートに住んでいました。

子どもが大きくなるにつれて賃貸アパートでは手狭になります。

「家を購入しよう」という話になりました。

また、この頃から仕事でも責任が重くなってきました。

中堅として抱えきれないくらいの仕事を任されるようになりました。

そんな状況にストレスが増し、仕事をずっと続けていく自信がなくなりました。

今している仕事ができなくなっても生活する方法はないかを考えるようになったのです。


問題を解決するためにできることは

そのためにまずできることは何かを考えるようになりました。

お金を貯める。

家を購入するにせよ、仕事ができなくなる(やめる)にせよ、必要なものはお金であると気づいたのです。

お金を貯めるには、わたしのこれまでの生活はダメなことが分かります。

この時からわたしは、別のスイッチが入りました。

これまで浪費する生活をしていました。

いきなり180度変えるのは難しい。


そこで私が最初に始めたのは…

それについては、次回にお話しします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment